PREAPP PARTNERS

THE CHALLENGE FOR THE FUTURE.

ENTRY

Designer Y
Age31

Designer Y

■ デザイナー Yさん(31歳)

01.心躍る作品(ゲーム)を届けたい

私は物心ついた頃からゲームやイラストが好きな少年でした。
趣味としてイラストやドット絵をインターネットやSNSで発信をすることをしながら、ゲームグラフィックの専門学校へ進学。
在学中にジャケット買いしたあるゲームから「ストーリーと演出とキャラクターとが融合すると、こんな感動が生まれるのか!」と深い感銘を受け、自分もこんな『心躍る作品(ゲーム)を届けたい』という思いから、そのゲームの企画開発を行った会社に入社しました。
以来デザイナー、グラフィッカーとしてゲーム内の2D素材やキャラクターを主に制作しており、加えて現在はアニメーション演出業務にも携わっています。
ゲーム業界に飛び込んでから10年近くが経ちますが、業界に入った当初から思いは変わることがありません。

02.自分次第で「やりたい」に「挑戦」できる

中〜大規模の比較的経営が安定したゲーム会社での勤務を経験してから、設立2年目の会社に入社することに対しての不安は正直ありました。
しかし今となっては、できたての会社だからこそ、自分次第で「やりたい」に「挑戦」することができるということに、様々な業務を通して魅力を感じています。
社内での企画コンペ等、この会社はメンバーそれぞれの声にしっかりと耳を傾け、ゼロからイチを生み出すことに挑み続けることを大切にしています。
私も自分の夢を1つでも多く実現出来るよう、チャンスに手を伸ばし続けています。

03.会社の「中核」に相応しい存在になりたい

クリエイティブな仕事において、コミュニケーションはとても重要な要素です。上司部下や雇用形態にとらわれず、話しやすいのもこの会社の大きな特徴だと思います。
その分ひとりひとりの発言や行動が、周囲に大きな変化をもたらします。
私自身もこの会社の成長と共に「会社の中核」に相応しい存在となれるよう、様々な出来事から学び、努力し続けたいと思います。