VR VTuber事業 /
おきなわ部プロジェクト

VTuber根間ういと一緒に“沖縄×エンタメ”を世界中に発信!

あしびかんぱにーとして、ゲーム制作とは別の角度から「沖縄の魅力発信」を行うべく、2018年7月にVR VTuber事業が立ち上がりました。翌年3月にデビューした根間ういは、「沖縄バーチャル観光大使」を目指し、沖縄の文化や観光地、綺麗な海、沖縄料理の紹介等を行い、“沖縄×エンタメ”で楽しいことを世界中に発信しています!

project members

M.Oさん
イラストレーター/ディレクター
M.Oさん

本人は認めないが相当なドジっ子&極度のツンデレ。猫を見かけるとこっそり後をつけていく猫ストーカー。

R.Hさん
エンジニア
R.Hさん

甘いものに目がないカリスマエンジニア。母性くすぐり系男子。帰れといっても会社に住み着く。通称ゲートキーパー。

M.Mさん
プランナー/2Dアーティスト
M.Mさん

先輩だろうと地獄の果てまで煽っていく、煽りのスペシャリスト。口癖は「お前それサバンナでも同じこと言えんの?」。

A.Yさん
3Dアーティスト
A.Yさん

格ゲー沖縄女性最強格。男共を次々となぎ倒していく。「私より強い奴に会いに行く」といって週末は姿を消す。

N.Sさん
プロデューサー/事業責任者
N.Sさん

沖縄が好き過ぎて、移住半年でローンで家を買った男。個性派揃いなスタッフを束ねる猛獣使い、あしびサーカス団の団長。

新規事業、まずは「沖縄発VTuberキャラクターコンペ」から始動
project story 01

新規事業、まずは「沖縄発VTuberキャラクターコンペ」から始動

あしびかんぱにーは“沖縄の楽しいを世界中に届ける”というビジョンを掲げ、「朱桜の繋」など沖縄に関連するゲームアプリを配信していましたが、ゲーム事業とは別の視点からも沖縄の魅力を発信すべく、2018年にVTuber事業が立ち上がりました。
動き出して間もなく、グループ会社(プリアップパートナーズ及びあしびかんぱにー)のデザイナーに声がけし、「沖縄発VTuberキャラクターコンペ」を仕掛けました。すぐに20名近くのデザインが挙がり、その中から8キャラを選出し、決選投票を「東京ゲームショウ」で行いました。沖縄テレビ様が取材に来られたり、各種メディアに取り上げられたりと、2日間のイベントは大いに盛り上がり、400票以上投票いただいた中からトップの票を集めたのが「根間うい」でした。

自社制作・自社運営の強みを活かし高いエンタメ性を実現へ!
project story 02

自社制作・自社運営の強みを活かし高いエンタメ性を実現へ!

立ち上げ時は2名で動いていたVTuber事業ですが、東京ゲームショウ後に3Dアーティスト、エンジニアが加わり、本格的に開発がスタートしました。
弊社のVTuber事業は、デザイン・モデル制作・企画・開発・運営に至るまで全て自社で行っていますが、元々ゲーム会社出身ということもあり、“沖縄×エンタメ”を強く意識して取り組んできました。
その中で「デビュー時から何か面白いことできないかな・・・」と考え、実際形にしたのが、「パイナップルでゴーヤーボウリングをして、ストライクを出せたら自己紹介ができる」という動画です笑。
結局運営の“イジワル”によって根間ういは最後まで自己紹介が出来なかったのですが、この企画の奇抜さ・独創性がウケて良いスタートを切ることができました。

沖縄伝統芸能の魅力発信、認知拡大に貢献
project story 03

沖縄伝統芸能の魅力発信、認知拡大に貢献

デビュー後はテレビ番組に出演したり、リアルイベントのMCやファンミーティングを行ったりと、オンライン以外でも積極的に活動しています。
中でも、毎年30万人以上の方が来場される沖縄の一大イベント「全島エイサー」のMCとして出演した際は、生配信された根間ういのYouTubeチャンネルにも多くの方が訪れ、「エイサーを初めてみたけどカッコイイ!」「沖縄ってこんな素敵なイベントがあるんだ!」「楽しそう、来年は実際に見に行きたい!」といったコメントを多数いただき、沖縄伝統芸能の魅力発信、認知拡大に貢献することができました。
様々な活動を行う中で、県内の方からも「沖縄の魅力を広めてくれてありがとう」と感謝の言葉をいただくこともありますが、こういったメッセージが大変嬉しく、大きなやりがいとなっています。

プロジェクトストーリー
project story 04

各々が楽しんで仕事をしながら、根間ういと一緒に日々成長を続けています

プロジェクトに関わるスタッフは大半が20代前半という若いチームで、荒削りな部分も多いですが、各スタッフが高い熱量を持って積極的に挑戦し、まだデビューしたばかりの根間ういと一緒に日々成長を続けています。
技術力はもちろん必要ですが、それ以上に“各々が楽しんで仕事ができること”を大切にしています。楽しんで仕事をする人には、人が集まってきます。一人でできなかったことも、皆でやればもっと新しいことができ、大きなやりがいとなり、仕事が更に楽しくなっていきます。現にVTuber事業は、企画会議などでも他事業や他社のスタッフにも声をかけ、色んな人を巻き込んで賑やかに案出しをしています。そうして生まれるものが、「沖縄の楽しいを世界中に届ける」ことに繋がっていると感じています。これからも多くの方に“沖縄の魅力”、そして“楽しい”を伝えられるよう、進んでいきたいと思います。

REQUIREMENTS

募集要項